本文へ

ひかり歯科通信

ついつい歯ぎしりをしていませんか?

寝ている間に「ギリギリ」と歯ぎしりをして、ご家族から「寝ている間に歯ぎしりをしているよ。」と指摘を受けたことはないでしょうか?
あるいはお子さんが歯ぎしりをしていることが気になる方もおられるのではないですか?

歯ぎしりとは、上下の歯をギリギリと擦すり合わせるようにしたり、ギュッと力を入れてくいしばることを指し、私たち歯科医師はこれを「ブラキシズム」と呼んでいます。

さて、この歯ぎしり、実はお口のなかのトラブルの原因になると考えられているのです。
主なトラブルとしては

① 歯がすり減ってしまったり、割れたりすることがあります。
② 歯周病の悪化を招くことが指摘されています。
③ せっかく歯医者さんで被せてもらったクラウンや、歯の詰め物が割れたり、ヒビが入ってしまうことがあります。
④ 顎関節症の原因になったり、悪化を招く可能性があります。
⑤ 顎が疲れたり、頭痛や肩こりの原因となることがあります。

では、どうして歯ぎしりを行ってしまうのでしょうか?
歯ぎしりの原因は主にストレスの解消や日常の無意識による癖だと考えられています。

歯ぎしりの治療で最も一般的な方法はマウスピースを装着することです。
例えば、夜間に歯ぎしりをしてしまっている方は、睡眠時にマウスピースを装着することで、歯にかかる歯ぎしりによる負担を軽減することができます。

また、投薬によってストレスを軽減させたり、あるいは神経の過度な興奮を静め、筋肉の痛み、こわばり、緊張を解消するようにしたりする方法もあります。

「もしかして、歯ぎしりをしているのでは?」心当たりのある方、心配な方や、ご家族で歯ぎしりをしている方がおられましたら、一度当院の歯科医師にお気軽にご相談ください。

光惠会 理事長 島田 光

歯の溝を埋める虫歯予防

鮮やかな紅葉の季節となりました。皆様どうお過ごしでしょうか。
日頃から彩都歯科クリニックでは、沢山のお子様に通院して頂いております。
今回はお子様の為の虫歯予防について、お話したいと思います。

シーラントをご存じですか?
簡単に言うと歯の溝を埋める治療のことです。
虫歯にならない様に歯の溝を埋めましょうと言われた方がおられると思いますが、今回は、実際にどのように歯の溝を埋めるのか、なぜした方が良いのか、どの時期にすると良いのかを説明します。
なぜシーラントをする必要があるの?
  1. 歯の断面図です実はこんなに歯の溝が深いのです。
  2. そこに、食べかすがどんどん溜まっていきます。
  3. 虫歯の栄養源となり虫歯が出来てしまいます。
  4. また、溝が深くて歯ブラシがしっかり届きません。
そこで歯の溝を埋めてしまいます。
シーラントの方法
  1. 何もしていない歯は溝の中にゴミが溜まっています。
  2. 溝の中をしっかり掃除します。
  3. 歯の溝に汚れがない状態にします
  4. そして溝に菌が入らないように、プラスチックで蓋をしてしまいます。
どんな時期にやるの
子供の歯は生えたての時はまだ成熟してない為に、とても虫歯になりやすい状態です。
したがって、生えたての永久歯、又は乳歯にシーラントを行えば虫歯予防に効果的です。
しかし、シーラントをすれば虫歯にならないわけではありません。
毎日の歯磨きもとても大事です。特に生え変わりの時期は、保護者の方がチェックしてあげて下さい。

彩都歯科クリニック 院長 伊原 勝換

クリニックの情報
診療科目
歯科・小児歯科・口腔外科
診療時間

祝日を除く 10:00~13:00、15:00~20:00

19:30受付終了

休診日:祝日

※予約制・新患、急患は随時受付

※各種保険取り扱い

休診日のご案内 

ひかり歯科通信

むし歯ゼロクラブ(フッ素塗布無料)

リンク集