本文へ

ひかり歯科通信

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 暖かい日が増え少しずつ春の足音が近づいている今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 さて私ごとではございますが、昨年4月に生まれた我が子も、もうすぐ1歳を迎えようとしています。娘は生後6ヶ月でつかまり立ち、7ヶ月で伝い歩きをはじめ、8ヶ月で自分で立つようになり、9ヶ月の頃から小さい足でよちよち歩きだし本当に目が離せない毎日です。歯に関していえば、生後8ヶ月で初めて下の前歯2本が生えてきて、その後しばらくして上の前歯も出てきました。

 今回は、育児を通じて気付いた歯のことについてお話しさせていただきます。歯が生えてくる前から子供に歯ブラシの感触に慣れておいてもらうことが大事だということです。というのも、私の夫は予防歯科の指導医であるため、虫歯予防を専門としています。夫のアドバイスに従って「下の歯が萌出し始めたら硬く絞ったガーゼや市販のキシリトール含有のペーパーで拭き取り、上の歯が萌出してきたら歯ブラシを開始する。」を実践していました。ところが、上の歯が萌出し歯ブラシを開始しようとすると、娘は歯ブラシの毛の感触が気に入らなかったのか、これをかなり嫌がっているようでした。普段は手にしたものはなんでも口に入れて確かめていた娘が、歯ブラシに関しては片手で握り、もう片方の指で毛先を何度も触った挙げ句に、娘は歯ブラシをポイッと放り投げてしまいました。無理強いすると泣いて余計に口を固く閉ざす娘を見て、私は娘の歯を磨くことに必死になるのをすっぱり諦めました。そして私が笑顔で歯磨きをしている姿を見せながら、「一緒に歯磨きしようね。」と歯ブラシを渡しました。これを数回繰り返していると、娘もおそるおそる歯ブラシを口に入れてくれるようになり、やがてためらいなく口に歯ブラシを運んでいくようになりました。まずは親である私自身が、歯磨きを楽しんでいる素振りを見せることが大切だと実感しました。

 本格的に歯磨きを開始するのは上の歯が生えてきてからで構いませんが、それまでに少しずつ歯ブラシ(シリコンタイプでも可)を口に入れた時の感覚に慣らしておくことが必要かと思います。この体験談が少しでも、小さいお子さまをお持ちのお母様の参考になれれば幸いです。

光惠会 理事 横山 真規子

乳幼児の歯科疾患

1.虫歯
 虫歯は乳幼児に最も多い口腔疾患です。虫歯が多くなると噛みにくくなり、食事をしにくくなるばかりでなく、虫歯により歯が崩壊してしまうとその後に生えてくる永久歯の歯並びまで悪くなってしまします。乳歯だからといって虫歯を放置しておくとこのように様々な不具合が生じてくるので早めの治療は大切です。

また「哺乳瓶う蝕」という言葉があります。これはジュースやスポーツドリンクなど、糖分を多く含む飲料を哺乳瓶で乳幼児に長時間与えることによって、前歯を中心に虫歯が急速にかつ広範囲に生じます。心当たりのある方はすぐにやめる必要があります。

2.不正咬合
 乳児の前歯部の開咬(前歯がしっかり噛み合っていない状態)や出っ歯は長期の指しゃぶりが原因となっている場合が多くあります。重症な場合はおとなの歯に生え変わってもこのような開咬や出っ歯が引き継がれるので、指しゃぶりは3歳を過ぎたら早めにやめるように保護者の方が乳幼児に働きかけましょう。軽度の開咬や出っ歯は、指しゃぶりをやめれば自然治療に向かうことも多々あります。

3.萌出性歯肉炎
 萌出途上の歯の歯肉によくみられる炎症です。これは萌出したての歯にまだ歯肉が一部覆いかぶさっているため、どうしても汚れがたまりやすくなっていしまします。この汚れが原因で歯肉が腫れ、痛みの原因にもなってしまいます。炎症は萌出完了後には自然消滅しますが、汚れがたまらないように口腔内を清潔に保つことは予防に効果的です。

ひかり歯科クリニック 歯科医師 松本 明子

クリニックの情報
診療科目
歯科・小児歯科・口腔外科
診療時間

祝日を除く 10:00~13:00、15:00~20:00

19:30受付終了

休診日:祝日

※予約制・新患、急患は随時受付

※各種保険取り扱い

休診日のご案内 

ひかり歯科通信

むし歯ゼロクラブ(フッ素塗布無料)

リンク集