本文へ

ひかり歯科通信

咀嚼について

 

 近年の80歳の高齢者の調査で咀嚼能力が高い人と低い人を比較すると死とリスクは2.6倍であることが分かりました。これらの結果は、色々な食材を偏りなく食べることができる高齢者の方が長寿であることを示しており、咀嚼機能の重要性を示していると言えます。

今回は咀嚼機能の意義をまとめてみました。

①嚥下しやすくする

咀嚼による食物の粉砕と唾液分泌により嚥下しやすくする。

②消化吸収の促進と消化液の分泌促進

心地よく感じる食物を食べた時の方が、不快な食物を味わった時より胃液の分泌が多いことがわかっています。

③口腔の清掃作用

咀嚼により口腔粘膜や歯菌が清掃される。右噛みのくせのある人では左側の歯への沈着物が多くなります。

④異物の排除

咀嚼時に異物を感じることによって生体を防御している。

⑤顎の発育促進

咀嚼による刺激は顎の成長に影響を与えます。

⑥肥満予防

よく噛んで食べることで肥満予防が可能であると言われています。

 

以上の6つが咀嚼することの主な意義となります。

みなさん食事の時は、できるだけよく噛んで食べるように心がけましょう。

歯科医師 松本明子

クリニックの情報
診療科目
歯科・小児歯科・口腔外科
診療時間

祝日を除く 10:00~13:00、15:00~20:00

19:30受付終了

休診日:祝日

※予約制・新患、急患は随時受付

※各種保険取り扱い

休診日のご案内 

ひかり歯科通信

むし歯ゼロクラブ(フッ素塗布無料)

リンク集