本文へ

歯を失った場合の治療 HOW TO

インプラントについて
治療の流れ
歯を失った場合の治療について
インプラントQ&A
インプラントの料金一覧
インプラントドクター紹介

虫歯や歯周病などにより歯を失った場合の治療には、おおまかに分けて3つの治療法があります。

義歯・入れ歯

入れ歯は、床(しょう)と呼ばれる土台に人工の歯を乗せ、クラスプと呼ばれる金具を残った歯にかけて固定させるものです。(クラスプがない種類もあり)
入れ歯

ブリッジ

ブリッジは、歯の無い部分の両隣の歯を削って土台とし、橋をかけるように連結させた被せのことです。
ブリッジ

インプラント

インプラントは、歯の無い部分の顎の骨に根っことなる金属のインプラント体(土台)を埋め込み、その上から人工の被せ物を取り付けるものです。
インプラント

各治療のメリット・デメリット

3つのパターンの治療にはそれぞれメリットとデメリットがあります。

メリット デメリット
インプラント ◎見た目が自然である
◎健康な歯を削らなくて良い
◎普通の歯と同じように噛むことができる
◎再治療となった場合に行いやすい
△外科的な処置が必要
(お身体の状態によってはできない場合も)
△治療期間が長い
△保険適用外 (費用が高め)
入れ歯
(義歯・デンチャー)
◎健康な歯を削らなくて良い
○メンテナンスが比較的簡単
◎外科的処置が不要
◎保険適用が選択できる
△噛む力がやや落ちる
△種類によっては見た目が悪い
△口の中に異物感がある
△入れ歯が合わなくなると外れたり痛みが出たりする
ブリッジ ○種類によっては見た目が自然である
○ほぼ普通の歯と同じように噛むことができる
◎外科的な処置が不要なので安全
◎保険適用が選択できる
△健康な両隣の歯を削る必要がある
△支える歯に負担がかかりやすい
△再治療となった場合に被せごとやりなおす必要がある
△食べかすがつまりやすく不衛生になりやすい
24時間ネット予約
新大阪ひかり歯科クリニック
クリニックの情報
診療科目
歯科・小児歯科・口腔外科・矯正歯科
診療時間

祝日を除く 10:00~13:00、15:00~20:00

19:30受付終了

休診日:祝日

※予約制・新患、急患は随時受付

※各種保険取り扱い

休診日のご案内 

インプラント治療のご案内

マウスピース矯正のご案内

舌の痛み特設サイト

ひかり歯科通信

むし歯ゼロクラブ(フッ素塗布無料)

リンク集